えんじん

えんじん

バイクとお金とITと

ピンクナンバーのバイクの規制緩和と免許の意味

f:id:corbo93:20161127235447j:plain

スポンサーリンク

ピンクナンバーバイクが普通免許で乗れるようになっていく話、

知ってますか??

ピンクナンバーって・・・?。

って思った人もいると思います。

バイクって一括りに言ってもいろんなバイクが走ってますよね。

「速そう」「渋そう」「おばちゃんがゆっくり走ってるやつ」

正直乗らない人からするとあんまり形とかでは見分けはつかないと思います。

そんなとき、道路交通法的にも1番わかりやすく区分できるのが排気量による分け方です。

以下に簡単にまとめてみました!

排気量によるバイクの区分

ちなみに排気量っていうのは簡単に言うと、 エンジンが「ドドドドドド・・・」

っていう感じで動いていたら、1回分の「ド」でマフラーからどれだけ排気ガスが出るか

っていうのを数値化しイメージです。

※単気筒エンジン以外の場合は違ってきますが、今はとりあえずイメージだけ。

50cc以下

いわゆる原付バイク。普通自動車の運転免許で乗ることができます。

本来の制限速度は30km/h。

ナンバーの色は白色です。

必要免許:普通免許、原付免許、小型二輪以上の二輪免許…etcいずれか1つ

90cc以下

なかなか希少種の黄色ナンバー。僕も乗ったことはないですが、

原付をボアアップ(改造して速くしたりすること)したら、ちゃんと届け出をすることで

黄色ナンバーを付ける必要があります。

正式名は「第2種原動機付自転車(乙)」

必要免許:小型二輪以上の二輪免許

125cc以下

噂のピンクナンバーちゃんです。

第2種原動機付自転車(甲)っていいます。

90cc以下と125cc以下両方 第2種原動機付自転車

って書いてありますけど、

原付二種 っていったら普通はこっちを指します。

このバイクにはメリットが幾つかあります。

・車両が安い。400ccとかに比べれば

・保険が安い。ファミリーバイク保険っていうので結構出費が抑えられます。

・小回りがきくけどそこそこ早い。

僕もマジェスティー125に乗ってたことがあるんですが、100キロくらいなら頑張れば出ます。

そんなバイクが普通自動車免許で!?

実際はまだ噂の範囲を超えません。

必要免許:小型二輪以上の二輪免許

以下は軽く流します。

250cc以下

スクーターであればビックスクーターと呼んでいいのは普通ここからです。

「バイクの免許取る」と言うとき

このバイクに必須な普通二輪免許のことを指していることが多いです。

このクラスのバイクまでなら車検は必要ありません。

ナンバーの色は白色です。

必要免許:普通二輪以上の二輪免許

400cc以下

普通二輪免許で乗ることができるのはここまで。

普通二輪の教習車も400ccのバイクが使われることがほとんどです。

車検が必要になってくる排気量でもあります。

これ以上の排気量のバイクは白色ナンバーで枠が緑色です。

必要免許:普通二輪以上の二輪免許

それ以上

いわゆる大型バイク。

ハーレーは大型しかありません。

昔の人はまだ中型の区分がなかったので

だいたいのライダーが大型二輪免許を持ってます。

必要免許:大型二輪

免許緩和について

ピンクナンバーについては、

オートバイ協同組合などから警察庁などに要望が出ているようですが、

試験の質が今より落ちるようなことはないという方針だそうです。

個人的にも原付よりパワーのあるバイクが

その危険さを理解していないライダーに乗られるのはよい話とは思えないですね。

最近は老人による事故が多発していて、

「免許証の所持」と「運転能力の証明」がイコールでなくなってきていると言えます。

そんな中運転の仕方が全く違う、車とバイクの免許の垣根をなくしていくのは

どうも賛成できません。

どうか免許証が運転能力の証明という本来の意味を色濃く持っていてほしいものです。

二輪各社の動き

この情報が噂でなくなってくれば

各社小型二輪の開発に力が入るでしょうね。

個人的には大型バイクに力を入れて欲しいですが。笑

バイクに乗る人口は減っていると言われていますから、

バイク人口の増加には繋がるかもしれません。

ただもしピンクナンバーの免許規制が現実のものとなるのであれば、

販売する側からも、技術的ハードルを設けるようなシステムを導入してほしいなぁ。

なんて思います。

今後の動向が気になりますねぇ〜。

ではでは( *`ω´)ノ

スポンサーリンク