えんじん

えんじん

バイクとお金とITと

1個のGoogleアカウントで複数のアドレスを使う方法!

f:id:corbo93:20170114162056j:plain

Google信者な僕はプライベートで使うメールもGmailを使っています。(とか言いながらiPhoneで入力中ですがw)

もちろんはてなブログへの登録もGmailアドレス。

でも実は僕は1回登録してあと退会して、また再登録したんです。

そしたら同じGmailアドレスが使えない!

「このアドレスは既に同じものが登録されています。」的なメッセージが出てしまったんです。

それ、絶対オレじゃんw

今回はこの現象を回避する小技とデータの仕組みについてお話します。

スポンサーリンク

はてなブログを1回やめたお話

僕は以前、はてなブログに登録していました。

でも、使わないし余計なアカウント増えてもしょうがないから退会しよーっと。

って軽いノリで退会処理をしました。

でもしばらく経って新しくはてなに登録し直して、ブログを書いてみようと思いました。

ここでGmailのアドレスが使えなくなっていたのです。

でも僕は基本的にGmail以外のアドレスを使いたくないので、2つの方法をの実践を考えました。

googlemail.comで解決?

みなさんのGmailアカウントの@以降(ドメインっていいます)は「gmail.com」になっているはずです。

登録するときにこの部分を「googlemail.com」にしてみて下さい。

こうすると確認のメールはちゃんと自分のアカウントに送信されます。

+1、+2で複数のパターン

こちらの方法も1つ目の方法と同じようなものですが、今度は@以前を変更します。

例えば「こるぼ@gmail.com」というアドレスの場合は「こるぼ+1@gmail.com」とします。

でもこの方法ははてなでは再現できませんでした。

試しにyahooメールから+1アドレスに送信したらちゃんと送信できました。

物理削除と論理削除

ここからは込み入った話になります。

なんで退会したのにメールアドレスが使用されていることになっているのか。

それはデータがデータベースに自分のメールアドレスが残っているからです。

退会処理をしたんだからアドレスは消えたんじゃないのか、そう思うかもしれません。

しかしこのようなサービスのデータの削除には大きく分けて2種類の方法があるのです。

物理削除

文字通りデータベースからメールアドレスの情報を物理的に削除してしまおうというものです。

普通直感的にイメージするのはこちらの削除方法でしょう。

この方法は情報を完全に削除するので、今後情報が漏洩したりする心配もありませんが、

いついつにこういうデータの登録があったよ、こういうユーザがいたんだよ といった情報を完全に消し去ってしまうことを意味します。

論理削除

この方法はデータを論理的に削除するものです。

もう少しわかりやすく言えば、もう使われていないデータとみなすという意味を持ちます。

この削除方法は物理削除とは反対で、データを管理する責任は発生しますが、削除されたものも1つのデータとして残しておくことができるのです。

データを直接見ることはできないので確証は持てませんが、このような場合は、個人情報を登録した時に、「現在使用可能な情報か」というデータも同時に登録しています。

退会処理をしたときに「使用可能な情報か」という項目を「退会したから使えないよ」という意味を持つ状態に変更をしていると考えられます。

まとめ

すこし技術的な内容も入りましたが、要するに伝えたいことは2つ。

①1このGoogleアカウントでアドレス何個も使えるよってこと

②サービスの退会処理とかしてもデータは残っているケースがあるんだよってこと

ではでは( *`ω´)ノ

スポンサーリンク