読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えんじん

バイク好きのwebエンジニアのブログ

ORACLE MASTER試験で返金を繰り返しながら合格した話

f:id:corbo93:20170129152129j:plain

この間、4度目の正直でなんとか資格試験に合格しました。

にしてもORACLEのページ、ややこしすぎだろ!

そそっかしさの原石のような僕は何度も申し込み間違いを繰り返しました。。。

こんな試験を受けました

ORACLE MASTER(オラクルマスター)試験って?

まずORACLEっていう会社があります。

その会社はORACLEっていう、会社と同じ名前の データベースの管理システム を発売しています。

コカ・コーラ社がコカ・コーラっていう飲み物を発売しているようなものですね。

ORACLE MASTER試験は データベースの管理システム の技能に関する資格というわけです。

データベースについてはこの間簡単に書かせていただきました。

www.ys02.info

僕が受けたのは、そんなORACLE MASTER試験の中の「BRONZE」。

感のいい人はお分かりですかね?

もっとレベルの高いSilver、Gold、さらにはPLATINUMと続いていくので、決して難しい試験ではないのです。

試験概要

名称:ORACLE MASTER Bronze 12c SQL

値段:¥13600 + 税

試験形態:WEB試験

試験時間:120分(75問)

開催日時:随時

1回目の受験、得点率37%

この資格試験を初めに受けたのは去年の9月ごろでした。

会社での2016年前半(4月〜9月)の目標に、この試験の受験が設定されていたので、渋々受験。

ちょうど仕事も忙しくなってきた時期でもあり、とりあえず受験するもほとんど勉強できておらずスムーズに不合格。

2回目の受験、勉強再開から1ヶ月

もう1度受験することを決めてから1ヶ月、年内で受かっちゃったら楽だなーと思いつつ受験!

受験前にORACLEから受信したメールを見ると「再受験無料キャンペーン中!」の文字が。

そりゃ思っちゃいますよね。(なんだ落ちてもお金かかんないじゃん♪)

こちらもスムーズに不合格w

なんだか資格試験の勉強のやる気スイッチを失くしちまったと無気力感に襲われます。

年始に3回目の受験・・・

ここで痛恨のミス

2週間勉強してリベンジを試みる。

試験開始!

試験開始僕「・・・日本語でおk。」

なんと英語試験を申し込んでしまった!

でもさぁ、わかりにくいっすよ、オラクルさん。

日本語試験名:1Z0-061-JPN-ONLINE 12c SQL

英語試験名:1Z0-061-ONLINE Oracle Database 12c: SQL Fundamentals

JPNがあるかないかを見落としてた。

まあソッコーで日本語で受け直してやりましたよ。

(このお金があればグリップヒーターつけれるなー。)

悔しすぎる不合格

前回よりはいい手応えはあったもののなかなか微妙な手応え。

試験画面「合格ライン 65% あなたの正答率 63%」

僕「( ゚ 3゚)・・・」

75問の試験なので多分あと1問・・・。

「ちぃー!!(`ε´) 」

英語の試験の返金を依頼

まずORACLEに直接メールで連絡。

ORACLE「画面のここにキャンセルボタンはないですか?それ押せば大丈夫かもよ!」

僕「そんなボタンありまてん。」

ORACLE「じゃあ決済会社に連絡して」

この試験は実際に試験を運営するORACLEと、決済システムを運営するピアソンという会社、2社が関わっているのです。

めんどくせえ。(自業自得)

僕「ピアソンさん、英語の試験は1問も解いてないからお金返して欲しいな。」

処理に時間はかかったものの、

ピアソン「おk。返金しといたよ。」

僕「You are god.」

こうしてなぜか買ったような感覚に酔いしれる。

いい加減受かんないと。次の週に4回目の受験

そそっかしさの原石と化す

そこそこ仕上がったと思いパソコンに向かう。

試験前僕「なんでカード情報2回も入れんだろ。まあいいか。」

ORACLE MASTER試験は、受験を直接申し込む方法と、受験の権利が電子チケット化したものを購入し、その番号を使って受験する方法で申し込むことができる。

僕は受験チケットを購入したにも関わらず、さらに直接試験も申し込んでしまったのでした。。

もう、なんで僕はこうもそそっかしいんだろう。

散財しながらもなんとか合格

試験中僕「これが合格するときの手応えか( ̄ー ̄)」

試験画面「合格ライン 65% あなたの正答率 65%」

試験後僕「( ゚ 3゚)・・・。あぶねー!!ヘ(゚_゚)ノ」

さて、返金依頼のプロが動き出しますよっと

例のようにORACLEにメール

僕「受験チケット間違って買っちゃいました。返k・・・」

ORACLE「規約に書いてあるっしょ?返金は無理。なんか別の試験受ければ?このチケットならほら、これも受けられるし。」

僕「じゃ、じゃあさ、チケット使って受けたことにしてよ!」

ORACLE「知らん。ピアソンに言って」

僕「ピアソンさーん(泣)」

ピアソン「おk。返金しといたよ。チケット使ったことにしといたから。」

僕「You are god.」

まとめ

試験対策について

何回も落ちている僕がいうのもあれなんですが、基本的に教科書として参考書を使って、問題集はWEBの無料問題を解くのがいいように思います。

今回使った参考書と問題集。

■参考書

・いいとこ

ちょうど良い文字量

わかりやすい色使い

ほかの参考書に比べて安価

・ダメなとこ

章末の問題集のレベルが低い。(これが解けただけじゃ合格はきついかも)

■問題集

ping-t.com

このサイトは、ログインすれば自分が弱い問題を自動でランク付けして反復練習できるのでかなりおすすめ!

おわりに

こうして波乱の末なんとか合格。

でもでも、ORACLE MASTERの試験は今回受けた「SQL試験」と「DBA」試験っていうのに両方受かって初めてその資格が認定されるんです。

ということで、そそっかしさ克服とDBA試験合格に向けて引き続き奮闘中でございます。

ではでは( *`ω´)ノ