えんじん

えんじん

バイクとお金とITと

リスクを負わないリスク!?20代のうちに気づいてよかったお金の運用の話

f:id:corbo93:20170618222024j:plain

お金を増やすというとギャンブルのように聞こえますか?

ただ銀行口座に眠らせているそのお金、サボらせていないで働かせたほうがいいですよ!

スポンサーリンク

銀行口座に預けておく時代は終わった?

f:id:corbo93:20170618222514j:plain

堅実に銀行口座に貯蓄しておくという教えをよく耳にしますね。

それって教えてくれた人の年齢って何歳くらいでした?

もしそれを教えてくれたのが年配の方であれば、銀行の金利の恩恵を受けてきた人かもしれません。

でも、時代は変わったらしいですよ(+o+)

1990年ごろは定期預金の金利6%くらいあったらしいですね。

これは

100万円預けておけば、勝手に106万円に増えているということ。

しかもノーリスクで。

でも現代は違います。銀行にお金を預けていてもお金をほとんど増えません。。。

破たんする年金制度

f:id:corbo93:20170618223636j:plain

定年を迎えて会社からの給料がなくなったとき、あなたはどう暮らしますか?

え?

街を歩いている老人が裕福に見えるから、自分もなんだかんだ余裕のある老後を迎えると思っている?

ダメウーマン(´Д`)

「年金の現実と消費税」でGoooleの画像検索をしてみてください。

現在の70代の方が年金制度によって、3000万以上プラスの恩恵を受けている一方、

今の20代前半の人はこの制度によって2000万円以上もマイナスになっているんです。

つまり、

これからの時代、年金制度ではたくさん払ってちょっとしかもらえない
状態になっていくのです。

何か自分でお金を生み出す仕組みを作らないといけません。

今20代前半の人は「50年後 餓死」とデスノートに書かれている状態です。

お金に働かせる方法

f:id:corbo93:20170618224921j:plain

お金に働かせるってどういうことかといいますと、

カンタンなイメージは株ですね。

自分が資産として所有する株券は、価値が上がれば自分の持つ資産が増えたことになります。

この事象には自分自身の労働力をささげる必要はありません。

これがお金が働いているということです。

それではお金が働く状態は株のほかにどんな方法があるのでしょうか?

確定拠出年金

会社員の方で1番身近に扱えるのはこれじゃないでしょうか。

これは簡単にいうと、会社の制度を利用してプロの投資家に自分のお金を預けるんです。

新入社員の方や、今までそんなものあったねと思いながらも家に資料を眠らせている人は是非見なおしてみてください。

プランをある程度自分で選ぶことができて、どの程度リスクを負うかは自分で決めることができます。

外貨為替取引

属にいうFXですね。

これは証拠金取引と言われる取引をするのが主流です。

これは結構上級者向けで、自分の賭けた金額よりも多くの取引をすることができます。

つまり、ちょっとの金額を掛けて大きな利益を得ることができる。

そして、逆もしかり。

自分が到底持ち合わせない額の請求が来てしまう可能性も秘めているので、最初に手を出すのであればしっかりとこの辺の仕組みを勉強してからにするのが良いでしょう。

株取引

株式を公開している企業に投資する、というものですね。

あなたが株を購入するのに払ったお金は、その企業の運用金となります。

経営がうまくいけば株の価値が上がり、逆にうまくいかなければ下がる、というわけです。

また、株には優待というものがあります。

カンタンに言うと、株を保有し続けるだけで、企業からお礼の印をもらえるんです。

その種類は企業によってさまざま。

そのお礼目当てに安定した株を購入することも、戦略としては良いでしょう。

僕もちょうどいま優待目当てにどこの株を買うか検討中です。

どこの優待がお得かを解説した雑誌も売ってたりするので目を通してみるといいかもしれません。

僕は通勤中この雑誌を眺めています。

仮想通貨投資

最近流行っているビットコインもこれのうちの一つ。

投資対象としてはまだ定説がないほど真新しいものでもあります。

カンタンな解釈をすると、

現金に代わって、暗号データが世界でお金と同様の価値を持つようになっていきます。

実態は存在しない、つまり仮想の通貨となるわけです。

これが世の中に浸透すれば、現金を持ち歩かなくてもよくなったり、海外への送金の手数料がほとんどかからなかったりと便利なことが起こります。

海外送金の手数料については、以前軽く言及しました。

www.ys02.info

この仮想通貨ですが、常に1円=〇〇ビットコインという価値が変動しています。

1ドル=120円 といった為替と似ています。

つまり、買ったときと売った時の値段に違いがでるので利益を生み出すこともできるというわけです。

仮想通貨の将来の可能性に期待が膨らんでいくと、仮想通貨の価値がどんどん上がって買ったときの何倍もの値段になっているということも考えられますからね。

ただ注意が必要なのは、この仮想通貨は投資対象としての歴史がとても浅いです。

それゆえ

投資の鉄板のパターンなんてものは存在しません。

ある程度の知識を身に付けた後は、動物的なカンを信じるしかありません。

まとめ

この記事で何が言いたいかというと、お金は貯めるだけでは将来危ういよっていうこと。

じゃあどうするのっていうと、お金を働かせるってこと。

戦場に赴いたお金という兵隊は、ときに死んでしまうこともあります。

しかし自分の大切なお金をみすみす死なせないために、あなた自身が知識を蓄え、頭を使います。

そして勝機があると思った戦場へ、自分の兵隊を向かわせるのです!

そしてその戦場は上にも挙げた通り、いろいろな場所があります。

あなたはどの戦場へ兵隊を向かわせますか?

ではでは( *`ω´)ノ

スポンサーリンク