えんじん

えんじん

バイクとお金とITと

1泊2日で岐阜を満喫!下呂温泉でストレスを吹っ飛ばしてきた

名前はよく聞くけど下呂温泉がある岐阜で、観光スポット、グルメ、温泉のフルコースを楽しんできました!

金曜日の夜に出発し、日曜の夜に帰るというパワープレーツアーが想像以上の充実感。

スポンサーリンク

まずは白川郷から

f:id:corbo93:20180217161213j:plain

世界遺産として名高い白川郷ですが、その歴史は意外と古いです。

1995年からユネスコの文化遺産に登録されています( ̄ー ̄)

朝ごはんは蕎麦屋で

f:id:corbo93:20180217162333j:plain

夜が明けて8時ごろに到着したのは蕎麦屋さん。

仲間5人のうちとろろそば と とろろご飯を半々くらいで食べました。

f:id:corbo93:20180217191518j:plain

f:id:corbo93:20180217191448j:plain

岐阜最初の味は自然薯になりました!

朝から贅沢なとろろをいただき、いよいよ岐阜の旅が始まりますヽ( ゚ 3゚)ノ

水をぶっ放す銃が集落に点在

f:id:corbo93:20180217161643j:plain

白川郷の集落に無数に見られる放水銃

白川郷の特有の建築様式は火事に弱いという特性を持っており、有事の際には村中の放水銃が水を噴射し、火事から集落を守るのだそう。

ちょっと見てみたいですね(''-'')

白川郷最大規模のの合掌造り和田家

f:id:corbo93:20180217162742j:plain

和田さんの家?

江戸時代の名家が残ったものだそうで、入場料が300円だっけな?かかりました。

f:id:corbo93:20180217200332j:plain

なかは小さな博物館のようになっていましたが、隙間風が寒かったです。笑

これが2階。

f:id:corbo93:20180217200357j:plain

足が冷えてきたので、1階に設置してあったファンヒーターの前で足をあっためました。笑

ここで温泉を挟む

f:id:corbo93:20180217171943j:plain

岐阜に来たからにはとりあえす温泉を!

ということで、

昼間っから温泉ですよ。

www.shirakawagou-onsen.jp

個人的には「無線ラン」という表記がツボ。笑

温泉はスーパー気持ちよかったです(。-`ω-)

これをやりにきたんじゃ!

露天風呂には、ビニール素材のカーテンがついていました。

寒ければ閉める、景色を見たければ開ける、という切り替えができるようになっていました('▽')

サウナは結構暑めで、個人差はあるとは思いますが、5分で充分あったまれる暑さでした。

早速初下呂温泉を満喫!

ここから3回お風呂に入ることになりますよヽ(*´∀`)笑

伝建地区で食べ歩き

f:id:corbo93:20180217170802j:plain

飛騨牛握り寿司

f:id:corbo93:20180217164907j:plain

今回のメインターゲットはこれ!

飛騨牛の握り!

f:id:corbo93:20180217165002j:plain

実際に食べてみると、とろけるような食感と、しつこすぎない味わいがたまらない。

もっと肉臭いイメージがありましたが、案外すっきりといただけました(^_^*)

飛騨牛のコロッケ

f:id:corbo93:20180217165045j:plain

さっくさくの衣に包まれたジューシーな肉がおいしい!

どうも限定50食とかだったようで、数分後にもう一度同じ場所を訪れると売り切れてました。

セーフ(゚∀゚)!!

牛すじ煮込み

f:id:corbo93:20180217165518j:plain

めっちゃ煮込んでる。

うまそうすぎ!

結構な品数を食べていますが、仲間5人と少しづつシェアしながらなので

満腹にならず楽しめます!

f:id:corbo93:20180217165604j:plain

写真だと小さく見えるかな。

これで1杯800円ほどでしたが、実際は結構な量が盛られていました!

5人で1口ずつを回しても3周くらいしました。

うん、大満足( ´∀`)♪

牛まん

f:id:corbo93:20180217171434j:plain

まだまだ終わりませんよ?

「飛騨牛」と焼印が押されています。

文字だけで高級感が漂う、それが飛騨牛ブランドのようです。笑

f:id:corbo93:20180217171449j:plain

肉以外にも結構具が入っています。

ちなみにチーズが入っているものもあって、プレーンのものとはだいぶ味わいが違ってこれまた美味でした。゚(゚´ω`゚)゚。

ラーメン

f:id:corbo93:20180217170406j:plain

ここまで食べておいて、最後はラーメンです。

そっからラーメン!?

って自分でも思いましたが、無類のラーメン好きとしては何店舗かあったラーメン屋を見過ごせませんでしたw

食い倒れ旅なら倒れるまで食べなきゃね♬

f:id:corbo93:20180218002711j:plain

僕の好きな麺の太さ(^^)

でもそんなに飛騨牛感はなかったですw

いちご大福

f:id:corbo93:20180217165701j:plain

もちろんデザートも食べなきゃね、ということでうまそうないちご大福。

クリームといちごって世界で1番の組み合わせだと思うんですよね。

いや、マジで。

いちごの酸味と大福のクリーミーな甘みが金メダル級の相性を醸し出しています。

これ、うますぎて次の日もう一回食べましたw

旅館のお風呂でひと段落

f:id:corbo93:20180217171756j:plain

昼に続いてもちろん夜も温泉!

f:id:corbo93:20180217172051j:plain

旅館はここに泊まりました(^o^)

[http://www.mutsumikan.co.jp:title]

都心に勤務していると思うんですよね。。。

人混みなんかクソ食らえだ!

旅館の温泉はほぼ貸切で、友人と1時間以上、お湯に浸かったり、上半身だけお湯から上がったりしながら過ごしました。

温泉でお肌もツヤツヤ!

驚きだったのは、シャワーから出てくるお湯も温泉が使われていたことですね。

硫黄をまとったまま地酒を飲んで就寝。

翌朝、今度は朝風呂で毛穴という毛穴で硫黄を吸い込んでやりました(-ω-)/

一晩明けて、出だしはお土産選びから

f:id:corbo93:20180217172304j:plain

初めて知った。トマトが名産品

f:id:corbo93:20180217172403j:plain

このトマトジュースが激ウマでしたw

濃縮はしていないにも関わらず果汁100%!

人工的な味が一切せず、甘みも酸味も本当に程よいんです(´ε` )

小さめのパックを購入しその場で飲み干す!

そしてすぐにビンのものをお土産で購入!

飛騨高山産のトマトジュースはネットでも売ってるみたいです。

マツコの知らない世界で紹介されたソースが

f:id:corbo93:20180217172654j:plain

テレビにも取り上げられたソース。

トマトに続き、案外知られていないものが岐阜には多く眠っていそうです(-∀-)

これだけ名産品があればもっと有名な観光地になりそうなもんですが。。。

PRが足りないんじゃないか(゜-゜)??

買った弁当をその場でいただく

f:id:corbo93:20180217172949j:plain

飛騨牛弁当です。

でもね、ちょっとがっかりだったのが、若干冷めてる。。。

熱々で食べたかったorz

でも美味しいんですけどね!

なんだろ、飛騨牛は食べ応えとしては割とあっさりとしてる印象でした。

以前近江牛の食べ放題のお店に行った際は1枚1枚のボリュームが凄まじくてあまり量が食べられなかった記憶があります。

それに比べるとお腹には優しめのお肉なのかな?

再び下呂市内で食べ歩き

f:id:corbo93:20180217173343j:plain

美しい自然と隣接する街にて、再び食べ歩き。

f:id:corbo93:20180217173445j:plain

街並みは

f:id:corbo93:20180217173506j:plain

こんな感じ!

見てください。

そりゃこんなにいい温泉があったらプリンも風呂入りたくなりますよね。

こんないい温泉を人間だけで占領するという方がムシがいい話だったのかもしれません。

f:id:corbo93:20180217173530j:plain

トロトロなホットプリンはもはや飲めそう!

結構甘かったので、エスプレッソと一緒にいただきました(*´-`)

f:id:corbo93:20180217173632j:plain

そしてこちらは温玉アイス。

f:id:corbo93:20180217173554j:plain

アイスと温玉の異色コラボでしたが、

卵の風味はほんのり香る程度で、アイスのクリーミーさがより増していました。

でもちょっと外で食べるには寒い( ̄^ ̄)笑

ちなみにこのお店、店内に足湯があって、足をあったながらアイスを食べることもできるみたいですよ♪

名水不動滝で森林浴

f:id:corbo93:20180217174026j:plain

さて、街を満喫した後は自然も感じなくては。

ということで滝を感じに来ました。

雪の残る林道にはこんな吊り橋も!

f:id:corbo93:20180217174143j:plain

透き通った雪解け水の清流が美しいです。

f:id:corbo93:20180217174533p:plain

水の中はこんな感じ。

透明度が高い(゚∀゚)

f:id:corbo93:20180217174551p:plain

滝はこんなん。

水大好きの僕としてはたまらない光景(≧▽≦)

f:id:corbo93:20180217174712j:plain

温泉グルメ自然がそろったこの地がなんでこんなにもマイナーな扱いを受けているか疑問。。。

岐阜、めっちゃいいじゃん。

日本で唯一の現存の徳川幕府郡代役所、高山陣屋

f:id:corbo93:20180217174905j:plain

日本で唯一のという響きにつられてやって来ましたヘ(゚_゚)ノ

f:id:corbo93:20180217175011j:plain

ふむふむ。

とりあえず、昔の役所らしいということはわかった。

f:id:corbo93:20180217175029j:plain

でもそこまで文化人ではないので外からそーっと眺める程度で終わり。笑

f:id:corbo93:20180217175042j:plain

ほんとは歴史ある建造物に当時の雰囲気を感じながら感動するとこなんですが、

あいにく仲間5人の中にそんな徳の高い人間はいなかった。。。

飛騨大鍾乳洞

f:id:corbo93:20180217175445j:plain

大橋コレクション感なるものと併設されているこの鍾乳洞。

微妙なネーミングセンスで命名された数々の鍾乳石たち。

f:id:corbo93:20180217175621j:plain

なぜか陳列されるお地酒。

わざわざここに並べなくても、、、

と思いながらも、珍しい光景を見ることができました('ω')ノ

f:id:corbo93:20180217175809j:plain

f:id:corbo93:20180217180119j:plain

そして極めつけはこれ!

出口に広がる衝撃のアート!

f:id:corbo93:20180217180353j:plain

滝があるわけではなさそうなので多分人工的なもの?

f:id:corbo93:20180217180610j:plain

とはいえめっちゃきれいですね。

東京に住んでいると氷点下が続くことって少ないのでこういう氷のアートは感動しちゃいます(*‘∀‘)

夜になるとライトアップもしているらしいので日没過ぎにくるのもありかもです。

最後の温泉は「ひらゆの森」

f:id:corbo93:20180217180829j:plain

この旅の最後の温泉になります。

あぁ。終わっちゃうぅぅ。

hirayunomori.co.jp

ここの特徴は何と言っても露天風呂の浴槽の多さですね。

一番奥の露天風呂に行くのに7,8か所の露天風呂を通過しました。

一番奥の露天風呂が1番温度が高くあったまることができました。

外は-6℃。

あったまりながら仲間と話しているうちに髪の毛がパッキンパッキンに凍りましたw

最後の温泉としては申し分ないクオリティでしたね。

人気もあるらしく若干混んではいましたけどね。

まとめ

今回の旅の感想は、

岐阜くんさぁ、

いるなら言ってよ!!!

都会人が求める温泉の癒し美しい自然雪の積もった風景グルメ

旅に干し物がだいたいそろったこの地はもっと観光客でにぎわってもいいはず。

全体的に観光客がそんなに多くなかったのが印象的でした。

強いて言うなら、移動は車が命だったのでドライバーを交代できる旅の仲間がいるといいかもです。

みんなが目をつける前に是非、岐阜を訪れてみてください。

ではでは( *`ω´)ノ

スポンサーリンク