えんじん

えんじん

バイクとお金とITと

この季節に必須。ライダー向けのマスクで花粉のない風をきる!

人によっては蛇口を捻ったように鼻水が垂れてくるこの時期、僕ももちろんSランカーの花粉症患者なわけです。

いつもマスクを手放さないようにしていましたが、この度バイク向けのマスクを買ってみました!

スポンサーリンク

メール便で到着、開けてみる

包装はかなり簡易的。

何かデザインが施されているわけでもなく、説明書すらありません

でもなぜか乾燥剤みたいなのは入っています。笑

開けてみます。

後ろは耳にかけるんじゃなくて首元でマジックテープで止める感じかな?

なんか思ったよりも立体感がありそう(°Д °)

マスクの内側はこんな感じ。

白い布の部分がマスクの役割を果たしそうな感じ。

この丸い部品で黒いバンド部分もマスクを固定してるみたいですね。

外すときは内側の部品をOPENと書いてある方向に回して、あとは力で外します(`・ω・´)

つけるときはつけるときの逆をやってあげればOK。

フルフェイスヘルメットで、つけてみる

f:id:corbo93:20180402231752j:plain

こう見ると案外立体感があるんですよね。

こりゃ、ヘルメット入んないんじゃね?

と思いながら被ってみましたが

入る( ゚д゚)!

意外ともみくしゃにもなってないし普通に被れました。

フルフェイスのヘルメットって案外口元ゆとりあるんですね。

あとは走ってみて花粉が鼻に攻撃を仕掛けてくるかどうか!

実際にバイクで、走ってみる

f:id:corbo93:20180402232020j:plain

装着して走っていると、だんだん首が突っ張られて疲れてきますね。。

正直長いことつけて走り続けるのはしんどいかもです。

途中ガソリンスタンドに寄ったときに少し締め具合を調節しました。

絶妙な締め加減に直すとキツさは低減しましたが、

緩いとヘルメットかぶるときに取れる、きついと首痛い。

この狭間をどう乗り越えるかが肝になりそうです。笑

肝心の花粉のガード度合いはというと、ここはまずまず。

むしろ普通の紙マスクよりは防御力高めな感じでしたね!

国内でも有数の花粉症患者指数を誇る僕でも1時間程度は鼻水が垂れてきませんでした。

普段はマスクなしなら5分と持たず鼻が放水します(^。^)

まとめ

10点満点でいうと7点くらいですかね。

確かに防御力はあったのですが、

絶妙な締め具合にするには何度かつけてみて調整するのがよさそうです。

とはいえ鼻水が垂れないのが1番なんでね。

試しに使ってみるのはありだとおもいます!

あとフルフェイスじゃなければ難易度はもう少し下がりますしね。

花粉に悩むライダー達は是非導入してみてください(^^)

ではでは( *`ω´)ノ

スポンサーリンク