えんじん

えんじん

バイクとお金とITと

感動はリアルタイムで分かち合う!インカムツーリングがバイクライフを一変させた!?

f:id:corbo93:20180513192059j:plain

バイクを乗っているときにツーリング仲間と会話ができたら、旅の道中の楽しさって倍増するって思いませんか?

買っちゃいましたよ、インカム(^ω^)

スポンサーリンク

何に使う?

f:id:corbo93:20180513192434j:plain

インカムを買ったら何ができるようになるのか。

マイクとスピーカーがついているので、シンプルにいうと、喋って聞こえるようになります。

仲間とのコミュニケーション

一番スタンダードなのは、ツーリング仲間との会話です。

バイクに乗っていると目の前にどんな綺麗な景色が現れてもその感動を分かち合うのは次のパーキングエリアや信号停車

インカムをつけていれば、その瞬間、感動MAXのタイミングで

「やべー!クッソキレイ!!(°▽°)!」

なーんてテンションをその場で分かち合うことができるんです。

それだけでも十分価値があると思いませんか( ^ω^ )?

あとは迷子防止。

歴の浅いライダー同士なら一度はやったことがあるはず。

「おい、ここ左折だよ!あーあ、真っ直ぐいっちまいやがった…」

インカムがあると目の前でウインカーを出していない仲間に

「おい、ここ左だからな。」

これだけでOK。

知らない土地でのツーリングがスムーズになることは容易に想像がつきます。

「ちょっもトイレ行きたいからあのコンビニ入ろ!」

何気ないけど大事なやりとりじゃないですか?

走行しながらのコミュニケーションはツーリングライフの武器になります。

実際に試してみましたが、

それ以外にも、見失ってしまった仲間と

「このアルファードの前にいるよー。」

「右車線はいるねー。」

「やっぱりもう一本先で左入ろうか。」

などなど、

円滑すぎるコミュニケーションに、ツーリングライフが引っ繰り返った(゚∀゚)!!!!

カーナビの案内を聞きながら

スマートフォンにBluetoothで接続すればカーナビの案内を聞きながら知らない道を走ることができます。

車とバイクは機能面で比べられがちですよね。

僕は比べる意味なんてないと思っていますが。

でもバイクではカーナビの案内音声が聞くことができないのは事実です。

でもこれがあれば、できる!

実際に使ってみましたが、車のナビと使い心地は変わりなかったです。

個人的には道は全て覚えたいのであんまり使わないかもですが。

ラジオや音楽を聴く

先に言っておきますが、音楽を聴きながらバイクに乗るのは僕は反対です。

安全面はもちろんのこと、自分のバイクのエンジン音その土地特有の音や匂い、それらを犠牲にすることになりますからね。

僕は音楽なんか聴いているよりも、わずかなハンドルのひねりがバイクに伝って車体が動き出すのを五感を使って感じるのが楽しいんです!

味はしないでしょって?

大自然の中走ると風にだって味があるんですよ(`ω´ )

とはいえ機能としてはスマホの音であれば何でも聴くことができるので、使い道は音楽やラジオだけではないかも知れません。

どこに売ってる?

f:id:corbo93:20180513193540j:plain

僕はネット通販で買いました。

あとは2りんかんとかでも売ってますよ!

ただお値段、クオリティ共にピンキリなので品揃えを考えるとネット通販で値段で絞り込むのがいいかなーなんて思ったりもします。

開封の儀

箱の中にはこんな部品が入っています。

本体はこれ。

手のひらに収まるくらいの大きさです。

あとはヘッドホン。

後ほど書きますが、ヘルメットの中にマジックテープで貼り付けることになります。

最後にアダプター。

世にも珍しいイヤホンジャックで充電するアダプターですww

初めて見た(°Д °)

使い方

f:id:corbo93:20180513193843j:plain

まずはヘルメットに装着

ヘルメットの耳の部分にこんな感じで貼り付けます。

そして本体のスタンドになる部品をヘルメットの顎横部分に挟み込み、ネジで固定します。

あとは本体を縦にスライドさせてはめ込めば完成!

なんか機動隊になったような気分です(´∇`)

スマホとペアリング

無限の可能性が広がるスマホとのペアリング。

僕はiPhone6sを使っていますが問題なく接続することができました。

手順としては、Aボタン(バイクマークが書いてあるやつです)を長押しします。

そうすると、赤と青のランプが忙しく点灯します。

そこまでやったらあとはiPhone側で拾ってあげるだけ。

f:id:corbo93:20180513191427p:plain

表示されている「V6」をタップします。

ちょっと待つと接続済みになるので、そしたらペアリング完了(^^)/

仲間の機器とペアリング

これは同じ機器を購入した仲間がいること前提です。

セットで販売しているわけではありませんので最低2台のインカムが必要になります。

今度は手順は更に簡単。

①2台のインカムのAボタン(バイクマークのボタン)を短くおして電源ON

②電源が入ったら2台のインカムのAボタン(バイクマークのボタン)を今度は長押し。

③赤と青の忙しない点滅に変わったら、どちらか片方のインカムのAボタンをポチ。

④しばらくすると2台とも青のゆっくりとした点滅に変わります。これでペアリングできているはず!

もし接続がうまくできていなかったら、電源を一度切って、何度か試してみてください。

意外と簡単に接続できるんですね(^^)

ちなみにスマホとのペアリングでLINE通話とも試してみましたが、少しタイムラグを感じました。

直接接続した方が音質も良いです!

まとめ

バイクに乗りながら会話ができるというのはなかなか新鮮なものです。

タンデムに乗せた人とも会話ができますし、正直これまでのバイク人生に革命が起きました。

今年はガジェットライダーを意識してバイクライフを楽しんで行きたいと思います。

読んでくれている皆様の心に刺さるガジェットをお届けしたいですね(´ε` )♪

ではでは( *`ω´)ノ

スポンサーリンク